四谷六太のろっく・ろっく!

四谷六太の人生挫折日記。大学を卒業後フリーターながらも上京。コネなし、金なしで精一杯生きています。

UAはたぶん私の神様。1年ぶりの日比谷野外音楽堂

歌手のUAが好きです。

 

f:id:yotuyarokuta:20170807203338j:plain

私は高校時代を日本海側のど田舎で過ごした。

娯楽なんてそうない中、遊ぶと言ったらカラオケだった。

その歌を知ったきっかけは覚えていない。

ただ、ちょっと大人びた歌を歌って、友達にすごいって思って欲しかった。

 

UAの「情熱」

 

結局うまく歌えなかったけど、歌ったことで「私はこの人が好きだ」ということに気付いた。

一軒しかないレンタルCD屋さんでUAのアルバムを借りて、インターネットで過去の楽曲を調べて、すべての曲を知ろうとした。

東京に来て嬉しかったことは、「UAのライブに行ける」こと。

 

2017年8月6日日比谷野外音楽堂。

毎年のように行われるUAのワンマンライブ。

夕方の空気とうるさい蝉時雨。

蛍光ピンクと蛍光グリーンの変な衣装。

変なダンス。

変なトーク。

圧倒的な歌声。

歌。

歌。

 

受け取る情報が多すぎて、よくわからない感動をしてしまって、大泣きをしていた。

多分声は出してないから、隣の人には気づかれなかったと思う。

 

UAは多分私の神様だと思っている。

大きな樹。

 

最近はカナダに住んでいて、種を植えているという。

種が発芽する瞬間が嬉しいのだそう。

 

あぁ、私はUAの種から発芽したんだろう。

 

大げさかもしれないけど、そう思った。

 

決して他の人には理解されないであろう、それぞれの感情や感覚をわかってるような、わかってないような。

そんな圧倒的な存在。

言い過ぎかもしれないけど。

 

昔の曲をたくさん歌ってくれて嬉しかったな。

あの時のことをたくさん思い出しては、やっぱり泣いてしまった。

 

人は手放すことで何かを得るんだと思う。