四谷六太のろっく・ろっく!

四谷六太の人生挫折日記。大学を卒業後フリーターながらも上京。コネなし、金なしで精一杯生きています。

GoogleAdsenseの審査に通った!なんだか拍子抜け。

GoogleAdsenseの審査に通りました。
2017年1月10日に申請をしたので、ほぼ4ヶ月くらいかかりました。
審査に時間がかかることは知っていましたが、これほどとは。
というか、そもそも審査に通るとは思ってなかったけどね。

f:id:yotuyarokuta:20170410221559p:plain

目次

GoogleAdsense登録までの流れ(2017年4月現在)

1.アドセンス登録
2.一次審査
3.いつのまにか承認されてる
4.広告タグを設置
5.二次審査
6.アドセンス承認 

第一次審査(2017年1月10日)

第一次審査の時はSeesaaブログでした。
独自ドメインを使わないといけないということなので、「お名前.dom」でドメインをとりました。
調べた結果、審査完了まで3週間程度、審査完了後にメールがくる、とのことでしたが、待てど暮らせどメールがこない。
もう一回申請してみようかな、とGoogleAdsenseの画面を見たら、「Adsenseへようこそ」と画面が表示されていました。
(キャプチャない)

ん??

どうやら、いつの間にか一次審査に通っていたようです。
広告タグをつければ勝手に二次審査が始まるようです。

一次審査後にメールはきません!!
そのため、審査をしたら定期的にAdsense画面を確認しましょう。

広告タグの設置(2017年2月ごろ)

ということで、タグを設置しました。
タグの設置方法は「Seesaa Adsense タグ」で検索して、その通りにやりました。
こういうHowtoについてはキャプチャとっとけばいいんですけどね。

affiliate150.com

このあたりを参考に設置をしました。

はてなブログにお引越し(2017年3月10日ごろ)

そして、何を思ったか審査を待たずしてはてなブログに引越しをしました。
その上、3日間くらいは広告タグをつけていなかったんですよね。
審査に落ちたらメールが来るらしいので、まぁいいやくらいで考えてました。

結果、ドメインさえ引き継いでいれば、審査にそれほど影響はないのではないでしょうか。

二次審査承認(2017年4月8日)

もうAdsenseとか忘れかけていた頃、なんと二次審査に通ったとメールがきました。


まじか。
ほぼ忘れてたよ。

ということで、やる気がない感じでGoogleAdsenseの審査に通りました。

もっと大変だと思ってた

イメージ、GoogleAdsenseの審査ってもっと大変だと思ってました。
一次審査に落ちた場合は2週間ほど審査を待ってみるとか、記事の内容を充実させなければいけないとか、いろいろな情報があります。
なるほど、こういうことに気を使わなければいけないのね、と思っていたんですけどね。

正直余裕。

記事数100未満、文字数平均800くらい、内容薄っぺらい、まとまりがない、みたいな。
そんなブログなのに、Adsenseに通ります。
運がよかったのか、それとも裏側で何度か落ちていて、やっと審査が通ったのか、どういうロジックなのかよくわかりませんが、なんとかなります。

時間はかかるけど、やってみるのがいいと思います。
内容とか、記事数とかちょっとずつ充実させていけばいいんですよ、たぶん。

ブログを書くモチベーションがちょっとあがったかな。

参考サイト

vilogger01.com

links-creations.com

助けてドラッカー!!辞めることが正しい選択なのだろうか。

ドラッカーは言いました。

 

f:id:yotuyarokuta:20170410222456j:plain

「組織が腐っているとき、自分がところを得ていないとき、あるいは成果が認められないときには、辞めることが正しい選択である。出世は大した問題ではない。」

 

今死ぬほど辞めたくて仕方ないけど、幸いにも、組織は腐っていない。

ただ、ところを得ていない、成果が認められない、という2つには当てはまる。

 

ところを得ていないという表現に対していろんな見方が出来ると思うけど、私は会社の中で自分の場所を確立できていない。

営業部の中には属して入るけれど、私だけが営業職ではない。

業務も視点も違う。

営業部で孤独を感じている。

何を求められているのか、どうすればいいのかわからずに受け身にならざるを得ない日々。

 

最近は他の営業部の事務の方々と仲良くなって雑談はするけど、営業部が違うと業務も全く違う。

 

多分、ドラッカーでいう、「ところを得ていない」んだと思う。

 

成果が認められない、はどうだろう。

そもそも私のしている業務は本当カスみたいな仕事で、無ければ無いで誰も困らない、多分。

会社的に影響も無い、多分。

目に見えた成果が出るわけでも無い、給与に反映されるわけでもない。

入社時は「賞与がある会社だ!」と思ったけど、年1回。

しかも、入社1年目でも出る、って聞いたけど結局出ないし。

(ここは人事に聞いてみる予定。)

賞与があるから前職より低い月収なのに、これを1年続けるのか??と考えるとつらくて仕方ない。

 

評価ってなんだろうね、給与なのか、賞与なのか、やりがいなのか、なんなのか。

 

今の日本はアクティブに転職しやすい環境ではない。

半年程度で辞めるのは、雇用主側からみてマイナスでしかない。

でも、やる気がない社員を雇い続けるのは会社からしても、社員からしてもマイナスしかない。

もっと、雇いやすく、辞めやすく、解雇しやすい環境になればいいのに。

 

事務職全てを敵に回すわけじゃないけど、事務なんて仕事は正社員じゃなくてもいいんだよ。

だって、キャリアパスを考えられないもん。

本当に何かの腰掛けみたいな、そんな仕事でしかないよ。

何年も何十年もかけて取り組むような仕事ではない。

少なくとも私にとっては、ね。

 

派遣会社に登録してみることにする。

私はもう、正社員という肩書きに拘らない。

会社に依存した働き方は会社を信じた方がバカをみる。

 

間違っているのはわかっている。

f:id:yotuyarokuta:20170410222342j:plain

社内ニート化している私ではありますが、月末月初は少し忙しい。

というより、最近は仕事量も増えてきて、前ほど暇ではないのは事実。

 

ただ、なぜか辛い。

 

こんな境遇にした会社に対する恨み、みたいなものが体をぐるぐると巡っている気がする。

 

仲良くなってきた人たちの中には、この会社は何かがおかしい、社員の仲が悪い、と言っている人もいる。

それでも、目に見えたパワハラモラハラはないし、みんな温厚そうにみえる。

縦割りの部署間で仲が悪いのは感じる。

でも、それはどこの会社も、組織もそうなんじゃないかな??

 

私はものすごく辞めたくて仕方ない。

が、もうぬるま湯に慣れはじめていて、次の行動に移せない。

そして、この半年で失ったスキルが多すぎて、次の会社でやっていく自信を無くしている。

他の会社も変わらないだろうと思っている。

 

でも、ここから逃げたくて仕方ない。

何をしたいか、ではなくて、ここにいたくないから逃げようとしている。

間違っているのはわかっている。

今逃げても何もならないのはわかっている。

あとでもっと苦しくなるのはわかっている。

 

今の苦しみを抱えて、耐えるしかないんだろうか。

 

間違っているのはわかっている。

逃げるのも、耐えるのも間違っている。

だから苦しい。