四谷六太のろっく・ろっく!

四谷六太の人生挫折日記。大学を卒業後フリーターながらも上京。コネなし、金なしで精一杯生きています。

HTML5&CSS3をはじめました。【1日目】

f:id:yotuyarokuta:20170821231231j:plain

基本「これやって」って言われたことは出来ちゃいます。

ちょっと調べてそれっぽいものを作ることができるんですが、先日それが通用しない問題が起きました。

それがWEBサイトの作成。

インターネット黎明期にタグ打ちでHPを作ったりしていましたが、それ以来はほとんどタグを触ることはありませんでした。

CSSもなんとなく触りは知ってるけど、実際に使ったことはありません。

「やばい、これできない」

久しぶりに仕事上で敗北感を感じました。

悔しいので、勉強します。

 

impress『いちばんやさしいHTML&CSS3の教本』

impressさんの教本はすごいわかりやすくて、「出来た!」気になれるので信頼しています。

 

Chapter1:Webサイトを作成する準備をしよう

Webサイトの基本、Webサイト制作の流れ、Chrome&Bracketsのインストール。

Webサイトの基本は昔から変わっていないので、流し読みです。

 

画像を作りながらWebサイトを作ってたので、いつも途中で飽きてたんですが、そもそもWebサイトを作るときって画像を全部用意してから作るんですね。

自己流でしかやったことがなかったので、実際の流れがわかってよかったです。

 

モックの作り方とかね。

適切な横幅についても、800px時代から進歩していて勉強になりました。

 

Chromeはすでにインストールされているからスルー。

 

BracketsはAdobeが提供している無料のソフトウェアです。

ちょっとこのインストールについては物申したいことがあるので、それは別述するとして。

このソフトウェア、超便利。

閉じ括弧を自動補完してくれるし、改行でインデントしてくれるし。

ちょっと憧れのエンジニアに近づいた気分でテンションが上がりました。

 

Chapter2:HTMLの基本を学ぼう

このチャプターでは、実際に書きながらHTMLの基本を学びます。

いつの間にか<h1>や<div>が当たり前になってたんだなーとしみじみ。

CSSが一般的になったからなのかな。

 

昔はね、フォントとか全部記述してたんだよ。

フレームとか使ってたんだよ、なんて誰かに問いかけながらおさらいをしました。

 

Chapter3:共通部分のHTMLを作成しよう

この教本の素敵なところは、画像を全部ダウンロードできること。

画像の作成&収集は別、フレームを作ることに注力できるのがいいです。

 

よくわからなくても、とりあえずタグを打って「こういうものなのか!」というのがわかるのがいい。

 

勉強は楽しい

f:id:yotuyarokuta:20170821231815j:plain

悔しさからはじめた勉強だけど、とても楽しいです。

いずれ、ちゃんと自分で思った通りのCSSを作れるようになりたいです。

 

僕がかつて小僧の頃。

ポルノグラフィティの「幸せについて本気出して考えてみた」

f:id:yotuyarokuta:20170807201636j:plain

30歳までにミリオネーゼになりたい、って言ってたけど、ちっともだよ。

結局「なりたい」ばっかりで、どうすればそうなれるかわからなかったし、教えてくれる人もいなかった。

知ろうとしていなかったのかもしれないけど。

 

20代になって夢は叶わないと気づいて、「30歳で資産1000万」って下方修正したけど、全然だよ。

その1割を保つか保てないかでずっともがいている。

 

今までの人生の分岐を考えてみるけれど、それらしいポイントが見つからない。

多分、そういうポイントがなかったんだろう。

もしかしたら、これから来るのかもしれない。

 

もう30代だけれど、まだ間に合うのだろうか。

 

成功でも挫折でもなんでもいい。

生きていると、実感できるような。

そういう人生を歩みたい。

 

僕がかつて小僧の頃。

UAはたぶん私の神様。1年ぶりの日比谷野外音楽堂

歌手のUAが好きです。

 

f:id:yotuyarokuta:20170807203338j:plain

私は高校時代を日本海側のど田舎で過ごした。

娯楽なんてそうない中、遊ぶと言ったらカラオケだった。

その歌を知ったきっかけは覚えていない。

ただ、ちょっと大人びた歌を歌って、友達にすごいって思って欲しかった。

 

UAの「情熱」

 

結局うまく歌えなかったけど、歌ったことで「私はこの人が好きだ」ということに気付いた。

一軒しかないレンタルCD屋さんでUAのアルバムを借りて、インターネットで過去の楽曲を調べて、すべての曲を知ろうとした。

東京に来て嬉しかったことは、「UAのライブに行ける」こと。

 

2017年8月6日日比谷野外音楽堂。

毎年のように行われるUAのワンマンライブ。

夕方の空気とうるさい蝉時雨。

蛍光ピンクと蛍光グリーンの変な衣装。

変なダンス。

変なトーク。

圧倒的な歌声。

歌。

歌。

 

受け取る情報が多すぎて、よくわからない感動をしてしまって、大泣きをしていた。

多分声は出してないから、隣の人には気づかれなかったと思う。

 

UAは多分私の神様だと思っている。

大きな樹。

 

最近はカナダに住んでいて、種を植えているという。

種が発芽する瞬間が嬉しいのだそう。

 

あぁ、私はUAの種から発芽したんだろう。

 

大げさかもしれないけど、そう思った。

 

決して他の人には理解されないであろう、それぞれの感情や感覚をわかってるような、わかってないような。

そんな圧倒的な存在。

言い過ぎかもしれないけど。

 

昔の曲をたくさん歌ってくれて嬉しかったな。

あの時のことをたくさん思い出しては、やっぱり泣いてしまった。

 

人は手放すことで何かを得るんだと思う。